塾講師の一日の仕事を教えます!


塾講師の一日の仕事は、どのようなものになっているのでしょうか。講師として働く形は始業はお昼ごろからになります。 午前中は授業内容の確認や、教材などの準備と忙しい場合もありますが、ある程度自分の時間も持てるようにシフトが組まれていますので、自由な時間がまったくないというわけではありません。 塾によって違いがありますが、就業がおよそ22時頃になります。生活のリズムを考えると、若干一般の職業とはずれがありますが、正社員となれば毎日授業があれば出勤することになりますが、 専任の講師でない限りは週に何回かシフトを組めるようになっています。



また、忙しい時期と言うと受験シーズンです。特に受験前の1年間は春夏秋冬と特別講習がありますので講師としてはその受験のための資料作りなどで忙しいと言えるでしょう。 さらに受験当日などは、生徒が受験する学校まで直接出向いて激励する塾もありますので、このような時期はほとんど休みはないと考えた方が良いです。 また、塾にもよりますがあまり優秀な講師がいない場合には代理でよく指導を任せられることがあります。



合格の実績がきちんと出すことができなければ、講師として使えないと言われてしまいますので、塾講師も教員と同じように大変さはあります。 1日を通して、生徒たちへの資料づくりから始まって昼夜の授業がありますし、終了してからもその日の見直しや補習しなければならない生徒の予定などもたてなければいけません。 きっちりした帰宅時間になるとは限りません。




<外部リンク>
塾講師の仕事内容について調べる際に参考になります >>> 塾講師 仕事